資産運用は収益物件を選ぶ【建造物セレクション】

不動産

人気の不労所得と注意点

アパート

人気の副業の一つにアパート投資が挙げられ、その理由の一つに不労所得である点が挙げられるのではないでしょうか。確かに不労所得ですが、入居者確保できなければ失敗する可能性もありますので、専門家に依頼するのも一つの方法かもしれません。

この記事を読む

収益の出せる物件

大成功に繋がる収益物件の選び方をこちらで紹介しています。安定した経営を行ないたい人は是非チェックしてみましょう。

マンションを丸々造る

不動産

収益物件としては、可能であれば、マンションがよいです。莫大な費用がかかることになりますが、資産家であれば、意外とよく出来たりします。或いは投資計画がしっかりとしていれば、マンションを建てようとしている土地を担保などにして借りることも難しいわけではないです。収益物件としては、とにかく規模を多くすれば、その分、リターンも期待できます。しかし、当たり前ですが、リスクもありますし、一度に利益が出るわけではなく、かなり長期的や視野で投資をしないといけないので、物凄く大変ではあります。そこが収益物件の大変なところです。要するの利益に転換するまでの資産運用の体力を残しておく必要があるわけです。そこがネックです。

マンションを建てる

平均的なサラリーマンがやるようなことではないですが、土地持ちの資産かであれば、マンションを建てることは意外と容易にできます。何故かといいますと銀行がそうした融資を特別にやってくれるからです。これを不動産投資融資といいます。収益物件の損益分岐点は意外と高く、それこそ、十年以上の単位の投資になりますから、そこは覚悟しておくべきですが、上手くすればずっとの利益を生み出し続ける収入源が出来ます。一代で極端に儲けることを意識するのではなく、現状、余っている資産の活用としてやることが、実はそれが最もお勧めできます。但し、投資ですから、リスクは検討するべきです。災害などはあることを前提に対応することが大事です。

不動産投資の説明会とは

不動産

将来的に定年後の年金生活に期待が持てないために、その手前の時点でマンション投資を行うケースも増えて来ています。東京を始めとして各地でセミナーも開かれています。少ない資金から始められ、毎月の家賃収入が期待でき、節税効果のあるところが魅力です。しかし、一方では空室になるリスクもあります。

この記事を読む

気になる不動産投資

マンション

東京などでマンション経営をする人は多いですが、理由として購入した際のローンを家賃収入で、まかなえるために少ない資金で始めることが出来るからです。そしてローン完済後は資産としてのマンションや家賃収入、他に私的年金、生命保険などの役割もしてくれるため将来の資金設計の助けになる所が人気の理由になります。

この記事を読む